人生は巡る季節の様に

UTMFと別府大分マラソンを目指す!ランニング人生の軌跡

2017年を振り返ってみると

f:id:hanaregasa:20171124230219j:plain

2017年の取り組みを振り返ってみると、相変わらずトレーニング不足の中でこれと言った結果には余り結びつかないことばかりやっているということを痛感せざるを得ない。

2017年3月の板橋Cityマラソンで30km以降の大失速で5時間に迫ろうかというタイムを記録した後は、5月の飯能アルプストレイルランは最終関門でタイムオーバーのリタイアとなった。

飯能アルプスでは永遠に続くのではないかと思わせるアップダウンの繰り返しにより撃沈という表現が正しいかもしれない。トレーニング不足でもあったが、余りの急坂のアップダウンの繰り返しに心が折れたというか、もう飽きたと言えよう。コース自体は非常に良いトレーニングになることは間違いない。

そして、2017年の夏のシーズンも主に富士登山が中心となった。例年通りにロードを走ることは少なくなり、かと言ってトレイルランを行う訳でもなく、富士山に登る以外のことに力を費やす気になれなくなる。今夏は7回富士山に登ったが、8合目から上は全く体が動かなくなることには毎年変わりない。9月の武尊山スカイビュートレイル70kのためのトレーニングにはとてもならず、自己満足だけで終わった気もする。

9月の武尊山70kは完走は果たしたものの、50km以降はお得意の失速となった。ほぼ歩きでゴールしたが、これも甘い制限時間に寄るところとなる。これにより、UTMF2018のエントリー資格をクリアできる8ポイントが揃い、10月にはUTMF2018へ初エントリーを果たすのだが、つい先日抽選で落選となったばかりであるのだ。

このように2017年を振り返ってみると、取り立てて何をやったかと言えば特に何かやったという気もほとんどしない。2017年は結果的に、唯一、UTMF2018にエントリーすることだけを目指してきた様な展開となった様だが、抽選で落選という結果を受けて全く意味の無かった一年だった様な気持ちにもなっているという訳だ。

しかし、次なる目標を定めて歩き出さなければならない。例のよって、春のフルマラソンにエントリーすることで、まずはこの冬を乗り切らなければならない。東京マラソンは抽選で外れているので、昨年同様に板橋Cityマラソンにエントリーはしている。ここで目指すはサブ4。そして、UTMF2019のエントリー資格を得るためには70km級のウルトラトレイルレースを2018年の10月までに2つ完走する必要がある。トレイルのエントリーはまだ未定だ。

とにかく、今後やるべきことは、3月の板橋Cityマラソンに向けて、あと4ヶ月、サブ4を達成できるレベルのマラソントレーニングを行うことである。もう二度と「トレーニング不足だから・・・」という様な言葉を発してはならない。

独自ドメインブログ、またもや挫折へ

もう何度目になるのか、またもやブログの引越しとなった。ブログのタイトルを以前の『人生は巡る季節の様に』に戻した。ジャーニーランニングを目指すことには変わりは無い。

少なくとも、独自ドメインを取得してWordPressでブログを書いていたのをやめて無料ブログへ退散するのは、これで2度目である。ブログの引越しが可能な場合はその都度行っていた。今回のHatena Blogでは簡単に引越しができたという訳である。

やはり、独自ドメインで続けていくのは私には難しかった様だ。特に継続的に書き続ける意欲が無い限りは、どうしてもブログ更新は滞りがちなる。書きたいことを書きたい時に書く個人ブログであれば、無料ブログで十分ではあるのだ。

いきなり独自ドメインを取得して書き始めるのも、余程の事が無い限りは続かない。無料ブログで気軽にそこそこ書き続けていくことができて初めてその次を考えるべきであるのに、気軽な無料ブログですら続かないのであるから独自ドメインは荷が重い。

手書きで書いているランニング日誌は2017年になってからまだ続いている。これは日々のトレーニングに関することをつらつら書き付けているだけである。これはこれで続いて俳句であろう。一方、ブログでは今後の方向性や構想等が中心となる。何かモヤモヤとした心の状態の時に、ブログを通して自らと向かい合い、考えをクリアにしていくという意味合いが強いのだと思う。日々の手書きのランニング日誌はあくまで日々の記録になるであろう。

富士登山競走の魅力を考える

移住するきっかけとなった富士登山競走

東京から現在の富士河口湖町へ移り住んだのは富士登山競走がきっかけだったと言っても決して過言ではない。しかし、富士登山競走のために移住したのではなく、富士登山競走に出たが故に富士北麓へ移住することになったのである。

2011年3月11日の東日本大震災の発生により、その年それ以降のマラソン大会が次々に中止となっていった。私がエントリーしていた3月の板橋Cityマラソンと翌月4月のかすみがうらマラソンも開催中止となった。そして、エントリーはしてはいなかったUTMF/STYも中止となった。(その後の翌年再募集のSTY2012にエントリーしている。)しかし、2011年の富士登山競走は、7月ということで開催に漕ぎ着けている。私は2011年の富士登山競走の開催を信じて、その年の3月22日に始めて五合目コースにエントリーしている。今から思えば、よくぞクリック合戦を勝ち抜いたものだと思う。

そもそも、何故、富士登山競走に出たいと思ったのか。東京マラソンに魅せられてフルマラソンのトレーニングを始めた頃は富士登山競走には余り関心はなかった。しかし、徐々にトレイルランニングへ興味を持ち、富士山一周のUTMFの構想が明らかになるにつれて、富士登山競走にも関心を持ったのだ。

一方で、東京を離れ地方へと移り住むことを考えていた。その候補地の一つは富士山麓だった。その富士山麓を頻繁に訪れるようになり、霊峰・富士を目の当たりにするにつれ富士登山競走への憧れも強くなっていった。そして、2011年についに五合目コースへのエントリーに成功することになるのだ。富士登山競走・五合目コースは何とか山頂コースの出場権を得て完走できたのだが、五合目コースが終わった後に参加した富士河口湖町主催の田舎暮らし体験講座で出会った人のお世話になり、実際にはその一年後には富士河口湖町に移り住むことになる。

富士登山競走へは過去2回出場した

2011年の富士登山競走・五合目コースは山頂コースへのエントリー資格を取得することを目標としていた。当時の山頂コースの参加資格は五合目まで2時間30分以内のタイムでの完走が必要だった。そして、実際の山頂コースの五合目関門がスタートから2時間20分だったので、参加する五合目コースの目標を2時間20分以内としていた。

当時はまだ東京に住んでいたので、トレーニングは平地でのロードが中心となる。近所の荒川河川敷を走るしかなかったが、気休め程度に土手の坂道や公園の階段を昇ったり降りたりする以外には富士登山競走のためのトレーニングはできなかった。今まで富士山に登ったこともなかったので視察は必要と思い、一度は馬返しから五合目までを普通の登山、二度目は富士山駅から五合目までを往復したのだった。そして、二度目の試走の中ノ茶屋の手前で、既にこの富士登山競走の過酷さを思い知った。これは普通のレースではないと。

2011年の富士登山競走・五合目コースのレース本番は、順当に行けば2時間20分前後で完走はできそうな感触を予め持ってのスタートだった。そして、初参加なりの気楽さもあった。まずは馬返しまでは歩かないことを目標にしていたが、やはり馬返し手前の上りが急になってくるところで歩いてしまった。馬返しから登山道に入るところで渋滞が始まり、あとは流れに沿っての展開となる。しかし、前の人の後ろに引っ付いて上っているだけでは思わぬ失速を招くと思い、スペースができたら追い抜きをかけるということを繰り返して前に進んでいった。まあ、五合目コースの中盤からのスタートとしては、それが精一杯のレース展開であったと思う。

2011年の五合目コースでは2時間21分でゴールして、翌年以降の山頂コースのエントリー資格を得た。しかし、2012年はエントリーせず、2013年に現在の富士河口湖町へ移り住んだ後にエントリーするに至った。2013年は目と鼻の先に富士山がそびえ立っている環境での山頂コース出場となった。レース本番前には何度か富士山五合目から山頂までの試走を繰り返し、自分なりに山岳対応は十分できるとの見込みであった。2時間20分の五合目関門をギリギリでもクリアできれば、そこから何とか本八合目の関門、そして、ゴールの山頂と制限時間ギリギリで到達できるのではないかという期待を持ちながらスタートラインに立てる状況ではあった。

スタートはCブロックの前方に陣取って、Bブロックの人をかわしながら前方へ這い上がることを想定していた。そして、五合目を過ぎてからが本当の勝負だと心に決めてスタートを切ったのだった。しかし、想定外の事態が待ち受けていた。北口本宮富士浅間神社までは快調に進んでいったが、中ノ茶屋に向かう上りのロードを走っている最中に妙にスピードが上がらないことに気が付く。脚の動きが鈍い。そして、今までは追い抜いてきたのに今度はどんどん抜かれていく。中ノ茶屋を過ぎて、坂道の勾配がきつくなるに従って、更に失速し、既に思う様に走れなくなっていた。余りに遅過ぎる。後ろからどんどん抜かれ、最後尾になるのではないかと思うくらいだった。そして、馬返しに到着したのは、2011年の五合目コースの時よりもかなり遅かった。そして、そこからは五合目関門まで挽回すべくペースを上げた。速歩でガシガシ進んでいるうちに、気のせいか少々調子が出てきたようにも思えた。でも、五合目関門はもう無理かなと思わざるを得ず、とにかくできる限り前に前に進むことしかできなかった。

そして、滝沢林道に出た所で2時間20分が経過した。その後はもう惰性で五合目まで到着し、2時間24分台だった。結局、馬返しからの追い上げも無理だった。その翌年の山頂コースのエントリー資格の2時間25分はクリアしたが、ようやく体が動いてきた時で、よしこれから山頂へ!という調子だったので非常に残念だった。その年の失敗の原因は、明らかにロードの練習不足だったと思われた。2013年は確かに山へは向かったが、ロードを走ることが激減していたのだ。それも坂道を走るくらいなら、山登りをしていた。馬返しから先は自信があったが、トレーニングで馬返しまでのロードを走ることは全くなかった。馬返しがスタート地点だったら善戦できていたかもしれない。

とにかく、2013年の富士登山競走・山頂コースは五合目関門を突破することができず、惨敗だった。その後、エントリー権はあったもののエントリーには至らず。もし、再度エントリーすることがあるのであれば、五合目コースから出直すことを考えていたが、その時はまだ来ていないし来るとも限らない。今後、五合目関門が2時間10分となれば、ますます五合目エントリーから再挑戦する機会はなくなっていく。しかし、完全に諦めてしまった訳ではない。

富士登山競走の魅力

富士登山競走の魅力は、日本一の最高峰の山に駆け上がるということもあるが、富士登山競走自体がどのカテゴリにも属さない独特のレースであるということにあると思う。ロードレースでもなく、トレイルレースでもない。ロードレースの一面やトレイルレースの一面もあるだけでなく、標高3000mの山岳対応も必要となる。五合目以上の登山道には岩場があったりと、あらゆる総合力が必要となる。スピード、筋持久力、心肺能力、高山病にならない山岳対応力などが求められる。

富士登山競走の一番の魅力は、レースに対応するための様々な能力を身に付けるための機会があるということの様の思う。フルマラソンで言えば3時間30分程度の実力が必要とされ、登山道を一定ペース以上で上り続ける筋持久力も身に付けなけばならないのだ。平地を走るスピードだけあってもだめで(もちろんスピードがなければもっとダメ)、坂道を登るスピードもないとならない。更に、標高3000mレベルでも高山病にならずに体を動かし続けられる山岳対応力がないとならない。

これらの様々な富士登山競走のコースのシチュエーションで、それらに対応した能力を発揮し続けないと4時間30分以内の完走まで至ることができないのだ。逆に言えば、それが魅力となるのではないだろうか。フルマラソンのシーズンに持久力を磨き、春先から坂道ロードを駆け上がる筋持久力を磨く。そして、坂道ロードから登山道へと移り、夏山シーズンには3000m級の山岳対応力を磨く。これら全てに対応する機会を与えてくれるのが富士登山競走である。

富士登山競走の最大の魅力とは、夏の富士山の頂に到達するための多様な環境に対応するために一年かけて取り組むことにあるのかもしれない。そして、自分自身の持てる全ての総合力を持って挑戦し、力を発揮できる機会を与えられることであろう。更に、完走を果たし山頂で実感する清々しさこそが、最高の魅力と言えるのかもしれない。

足和田山(軽登山)

板橋Cityマラソンを終えて、そろそろフルマラソンの疲労も抜けつつある頃、今後のトレイルランへの移行を想定しつつ、様子見軽登山として、UTMFのコースにもなっている足和田山(五湖台)へ向かった。UTMFではスタート地点(例年は八木崎公園、昨年は大池公園)を出た後には、ここ2年の富士山左回りの場合は、まずは道の駅かつやま・小海公園を抜けた後に足和田山(五湖台)へ向かうルートをとっている。

今までには河口湖側から足和田山方面へは登ったことはなく、大嵐方面から足和田山へ上り河口湖・小海へ下りてきたことが一度あるだけ。それを今回は、UTMFのコース通りに足和田山へ往復するという軽登山を行った。

直登コースを登った。ペースはかなりゆっくりで、息苦しさも感じないくらいの気軽さ。河口湖を見下ろしながら、あっという間に秋葉神社へ。そして、少々登って、UTMFのDVDでもよく出てくる天神社へ。

天神社を過ぎてからは、少々急な上りが続いた。しかし、これもゆっくりと登る。フルマラソンの疲労はほとんど感じられず、息苦しさも無し。

途中で見晴らしが良い場所が出現。三つ峠と、これまたUTMFのルートとなっている杓子山がよく見える。そして、富士吉田から登ってきて河口湖へと下る霜山も。2015年のSTYのラストを思い出す。

富士山は雲に覆われている。

山頂に近付くにつれて稜線上に積雪が目立つようになってきた。

もう完全に雪山登山気分。積雪のある急坂もあり、まあ、ゆっくりと登る。

和田山(五湖台)山頂にはほとんど雪はない。UTMFでは右後方から来て、左前方に進み、三湖台、紅葉台、鳴沢氷穴方面へと下って行く。UTMF2018に出場して、序盤のこのルートを進んでみたいものだ。

折り返した後の下山もゆっくりと。雪が積もっている急な下りでは注意をしながら下りる。下っている途中で左膝の疲労痛を少々感じた。軽登山でも、さすがに運動時間が総計3時間半を超えてきたので膝には少々の負荷となったのであろうか。

今後は登山からトレイルランへシフトしていく。今回歩いたこのルートを含めたロングコースを自分なりに組み立て、河口湖の外輪山を進む今後のトレーニングコースを考えていきたい。

フルマラソンの今後の位置付け

私にとってはもはやフルマラソンだけを走るランニング人生は色あせたものとなり、関心はウルトラトレイルや超ウルトラマラソン、ジャーニーランに向かっているが、フルマラソンを全く走らないランニング人生もまた面白みを欠くものだと思っている。

4年に一度は関心を寄せざるを得ないオリンピックに競技種目としてあるのはフルマラソンであるし、隔年で開催される世界選手権もフルマラソン、そして、毎年の様にシーズン中は関心を引く福岡国際マラソンや別府大分マラソン、びわ湖毎日マラソンがある。そして、箱根駅伝で活躍するランナーがフルマラソンへチャレンジする姿も楽しみにしている身として、自分が全くフルマラソンを走らないとなるとその楽しみも半減するであろう。

また、個人的には冬春のフルマラソンにエントリーすることにより、極寒の富士山麓での冬のトレーニングのモチベーションを維持できるということにもなっている。今年なども、板橋Cityマラソン2017へエントリーしたおかげで何とか極寒の冬にも走り続けることはできたものと思われる。そして、年間通してトレーニングが順調に積み上げることができれば、まだフルマラソンの自己ベストを出すことですら可能だと思っている。

今回の板橋Cityマラソン2017でも、膝への不安が取り除かれて快調走やミドル走などでキロ5分20秒前後で入るトレーニングをしっかりできていれば、まだまだサブ4復帰も可能かと思える感触を得ている。これからの夏秋のシーズンにしっかりトレイルで心肺機能を鍛えることができれば、次のフルマラソンでは自己ベストへのチャレンジが可能になるかもしれない。

今後のランニング人生におけるフルマラソンの位置付けは、その一年間のトレーニング成果をフルマラソンという標準的な基準の中で確認する一つの機会になるのではないだろうか。そして、フルマラソンを年に一度のトレーニングレベルの指標であり、楽しみとしたい。

板橋Cityマラソン2017の結果

[caption id=“attachment_1492” align=“alignnone” width=“640”] 板橋Cityマラソン2017のゴール後[/caption]

3年ぶりで走った板橋Cityマラソン2017の結果は、想定しなかった要因により30km走+12.195kmのジョグとなってしまった。当初の予定では、30kmまではキロ6分20秒ペースで30kmまで走り、その時の余裕度でペースアップをと考えていたが、実際はそれとは大きく異なるものであった。

要因の一つは追い風。 板橋Cityマラソンのスタート後、前半の追い風によりペースが狂ってしまったのだ。ゆっくり走ろうとペースを抑えてもキロ6分を切るペースでの前半の入りとなった。ペースを無理に落とそうとも思ったが、追い風調整ということでキロ6分ペースで折り返しまで行って、その後キロ6分40秒ペースで向い風を戻ろうと思い、追い風ペースに任せることにした。そして、追い風の折り返しまでは無理することもなくキロ6分ペースで進み、折り返し後はややペースが落ちるものの、30kmまで3時間02分06秒で来た。

要因の二つ目は横っ腹痛。 30km前後で横っ腹通が発生。ここでペースを落とさざるを得なくなった。30kmまでの両脚の疲労度はそう大きいものでもなく、逆に両脚はまだよく動いていた。しかし、右横っ腹に襲われたことで、この日のフルマラソンは30km走で終わったことになる。そもそも今回のフルマラソンのトレーニングでは距離走は少々行ったものの、今回の前半のキロ6分ペースというペースではトレーニングでは走ったことはなく、本番でそのペースでは心肺機能は30kmまでしか対応できなかった様だ。やはり、心肺機能を追い込む様なトレーニングが必要であったのだ。

そして、30km以降のペースダウン後、エイドで立ち止まる度にリズムを崩し集中力が切れた。また、立ち止まることが原因で徐々に脚も動かなくなっていった。そして、ラストまでは忍耐走が続くことになった。トレーニングの内容どおりの走りしか本番ではできないというのは、正に事実である。ゆっくりペースで30km走を何回か行ったからといってフルマラソンをある程度のペースで走り切れる訳もない。距離走と同様に心肺機能に負荷をかけるスピードトレーニングも必要だと言える。その両方のトレーニングうまくが噛み合ってくれてフルマラソンのタイムが狙えるのだと思う。

これにて今冬をどうにか走るモチベーションを維持し続けさせてくれたフルマラソンが終わったことになる。しかし、この板橋Cityマラソンにエントリーしていなければ、この冬の間を走り続けることはできなかったであろう。これで今後はロードからトレイルへとトレーニングの場は移っていく。今回のマラソントレーニングでは、ロードであったが自分なりのに最低限のトレーニングはできたように思う。これからは坂道走やトレイルランニングがメインとなり、秋のウルトラトレイルへとレースは続いていく。

来年春のUTMF2018や東京マラソン2018への参加が叶うかどうかによるが、次のフルマラソンを走るのであれば次は一年後になるであろう。また板橋Cityマラソンになるか、同じく3月の静岡マラソンになるか、4月になるか。何れにしろ、富士山麓での極寒の冬のトレーニングを続けるためのモチベーションを維持していくための動機付けとしたい。

[caption id=“attachment_1493” align=“alignnone” width=“640”] 板橋Cityマラソン2017のスタート前[/caption]

板橋Cityマラソン2017のレース戦略を考える

[caption id=“attachment_1361” align=“alignnone” width=“640”] 板橋Cityマラソン2014大会会場[/caption]

今週の日曜日(3/19)に迫った板橋Cityマラソン2017のレース戦略という程のものではないが、一応はフルマラソンを走る上での基本方針のようなものを考えておきたいと思う。2015年のヨロンマラソン以来の2年ぶりのフルマラソンでありレース本番の感覚が薄れているので、レース当日の雰囲気で思いもしないことをしでかさないように考え方をまとめておいた方が良いだろう。

しかし、何を予め考えたところで、スタートしたならばその時の感覚で気が変わることは大いにありうるのだ。今までに何度経験したことであろうか。今回も例によって前半オーバーペース、後半失速という私のフルマラソンのパターンをなぞるだけのことになるのか、それとも、自重して何かしらの実りのある結果を生むことができるのだろうか。とりあえず、レース戦略・方針だけは決めておきたいと思う。

最初の5kmのペースはキロ6分20秒前後で入りたいと思う。自分のスタートブロックの後方からスタートしてもキロ6分20秒ペースでは、おそらくどんどん抜かれる一方になるであろう。しかし、そこでキロ6分を切り込むようなペースで入ることは避けたい。多分、20kmまではもつだろうが、おそらく中間地点前後で左ひざに異変が起こることが予想される。キロ6分30秒を超えるペースだと少々遅すぎるかも入れない。なので、キロ6分20秒くらいのペースが妥当であろう。

10~15kmまでは特に左ひざの様子を伺いながら、キロ6分20秒前後のペースを維持したい。そして、20~25kmに近付くに従って、おそらく、左ひざに疲労痛が発生することが考えられる。うまくいって、30kmまでは何とかキロ6分20秒ペースでもつだろうが、それ以降は左ひざの疲労痛が激痛に変わらない保証はない。これはその時の様子見としたい。

30km地点でひざの調子とスタミナの残り具合から判断して、余力がありそうであればキロ6分20秒ペースから徐々にペースアップを図る。現状維持を実感したら、イーブンペースを狙う。もし、ひざに激痛の気配があれば、その後はひざに影響のない程度のペースのジョグに落とす。

一貫して言えることは、仮にひざに疲労痛が出たとしても、レース後1週間の休養でトレーニング再始動ができるレベルのダメージで食い止めることが必要だと言うことだ。前半から無理をしたり、後半追い込みすぎ故障したりして、結果としてしばらく走れないようなことのない程度にとどめるということだ。スタート後の走り出しが調子が良過ぎて「今日はひとつサブ4を狙おう」等と思うことの無いようにしたい。トレーニングレベルを超えた負荷がかかって腸脛靭帯炎のリスクが出てきたら最悪の事態になる。

目標タイムは、4時間30分。できれば、ネガティブスプリットを狙う。何れにしろ、5km単位での様子見ランニングになるであろう。それなりのトレーニングで、30kmまではキロ6分20秒ペースで余力が残るスタミナが付いているものと思われる。30km以降はその時のお楽しみと言うことにしたい。果たして、それ以降ペースアップができるか、あるいは、ゆっくりジョグを余儀なくされるのか。ある意味、自分の身体がどう転ぶのか楽しみである。

何れにしろ、3年ぶりの板橋Cityマラソンである。東京在住時、かつては毎日走っていた荒川河川敷でのフルマラソンを十分楽しんで走りたい。周りの風景も、一緒に走るランナー達の姿も、きっと新鮮に感じることだろう。