人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

STY

ブログ空白期間を思い起こす(2015年7月~2016年7月)

2015年7月から、およそ2016年7月までの間、ブログは空白期間となる。それなりに何かしら書くことで継続していたブログもこの時ばかりは1年以上も完全にストップしてしまった。 その原因には幾つかあると思うが、一つは2015年7月の美ヶ原トレイルランのリタ…

STY2012は本栖湖でタイムオーバーだった(5)[リタイア後]

AM5:25 ようやく本栖湖のエイドステーションに到着する。 関門時刻に25分遅れただけだった。エイドに到着しても、即、リタイア扱いなので、シューズに付いたチップを外すように言われ、返却し、AM7:30にはゴールの河口湖・大池公園へ向かう収容バスが出ると…

STY2012は本栖湖でタイムオーバーだった(4)[毛無山~本栖湖]

2012/5/20(日) 0:00を過ぎて日付が変わった頃、依然として、いつ終わるとも予想できないアップダウンを繰り返していた。 毛無山を過ぎてからは上りは少なくなった様な気がしたが、まだまだ先が見えない。 (注:2014年のルートは雪見岳から麓へ降りるため、…

STY2012は本栖湖でタイムオーバーだった(3)[長者ヶ岳~毛無山]

長者ヶ岳を過ぎてから幾つ目かの上りの最中だったと思うが、突然、体調に異変を感じた。 この頃、ちょうど日没となり、長者ヶ岳の頂からヘッドライトを着けた後だったと思われる。 急に頭痛を感じた。眉間の左目近く。そして、徐々に吐き気。更に、連続して…

STY2012は本栖湖でタイムオーバーだった(2)[北山~天子ヶ岳]

北山WT(18km地点)では水をマイカップでもらう。腰を下ろし、ウィグライを一つ投入。 空腹感や脱水症状はない。ここでストックを取り出し、以後ずっと使用。 (注:2014年はストックは禁止となっている。) 次の西富士中学校までは10km。この間は開けた追い…

STY2012は本栖湖でタイムオーバーだった(1)[スタート~北山]

2014年のUTMF/STYは私が参加した一昨年の第1回大会と同様に富士山を右回りに進むコースをとる。 昨年の左回りとは異なり最初に戻った様だ。本来は左回りを基本とするのであるが、今回は富士山御殿場口太郎坊から水ヶ塚公園までのコースが一般道路を利用せざ…

UTMF/STY2014の季節感がウルトラトレイルへと誘う

今年2014年のUTMF/STYのコースがレース1ヶ月前になりようやく発表され、参加者はさぞ勢い付いていることと思う。 STYにすらエントリー資格が無かった私でも参加者のワクワクする気持ちが伝わってくる様である。 私は一昨年の2012年の第1回大会のSTYに出場し…