人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

4週間後はチャレンジ富士五湖100km

板橋Cityマラソンの次は4/20のチャレンジ富士五湖100kmである。 初のウルトラマラソンだ。ロードをフルマラソンの距離以上は走ったことがないので果たしてどのようになるかは正直分からない。

昨年のハセツネで山の中を71.5km歩いたことはあるが、ロードを走り続けるのとはやはり違うであろう。 もちろん完走を目指すが、想定しないトラブルで途中棄権もしくは途中関門でタイムオーバーとなる可能性も大いにあると思われる。

完走率も例年100kmの部で60~70%程度ということで決して完走は甘くはない。 昨年は天候が荒れた中のレースだったので完走も50%に留まっている。 ウルトラマラソンはスタートからゴールまで14時間と早朝から夕方まで一日がかりである。 なので、ちょっとしたことで大きく流れが変わってしまうこともありえるのだろう。

と、まあ、心配はしたところで何にもならないので、今回のフルマラソン以後は疲労をできるだけ回復させて次のウルトラマラソンに体調万全で臨むことしかできない。

複数のフルマラソンを短期間に走るためのメニューがアドバンスト・マラソントレーニングに載っている。 間が4週間のパターンがちょうどあるので、今回はそれを参考にして4週間後の100kmウルトラマラソンに向けてトレーニングをするつもりである。

4週間しかないので、50km走などはできないが、疲労を抜きながら、また、身体を休養させすぎないようにして本番まで調整をしなければならない。 今週できることは、まずは疲労回復である。

休養と回復走から始めることになる。