人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

やはりブログの更新を通知することにした

今回、再開したブログは、とりあえず誰に見られることも想定せずに個人的にただ単に書き付ける日記の様なものという位置付けにしていた。
特にランニングに関するモチベーションを失わないための活動記録である。

自分の人生からランニングを今もし取り除いてしまったら、おそらく残りの人生はただ単なる死までの時間稼ぎであり、味気ないものになってしまうであろう。
トレイルレースやフルマラソン等のレースに常にエントリーをし続けることをもしやめたら、何と流されるだけのつまらない人生になってしまうかと思う。

せめて、ランニング人生を維持していくための記録付けを継続することで何とか今後の限りある人生を生き抜くための道標にこのブログをしたいとやはり思う。


そして、自分で自己満足の如く書き付けるだけのブログでも、もし誰かの目に留まり、誰かの人生に何らかの良い影響を与えることができるとしたならこの上ないことと思う。

決して自己顕示するつもりはないし、できるだけ多くの人に見てもらいたいとも思わない。
見る必要のあった人だけに目にしてもらればそれでよい。


そこで、ブログの更新通知を検索エンジンに送信することだけは行うこととする。
検索エンジンの機能は非常に優れているものと思う。
名も知らない人がキーワード検索だけでブログに到達する。そして、記事を見て何かしら己の人生を思う。そして、次の一歩を踏み出していく。
私は今続いている自分のランニング人生から思うことを書き付けていくだけである。


SNSなどへの更新通知は行わない。現に、もうSNSは利用していない。
SNSのタイムラインに流れるお仕着せがましい情報の渦はもう見たくないし、その情報の渦になりたくもない。
検索エンジン経由で私の発信する情報を必要とする人に良いタイミングで到達すればそれでよい。
(Jognoteは走った距離の集計機能としてやはり入力は継続する。)

ランニング人生が今後どれ程続いていくのかは分からない。
「何故走るのか?」という問題が、「何故生きるのか?」と同等になり得なくなったら終わるかもしれない。

少なくとも、UTMFを完走できるまでは続いていくものと思う。
私のランニング人生がそれからどう展開していくは、そこまで行ってみないとおそらく分からない。

このブログによるランニング人生の記録はしばらくは続いていく。