人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

東京30K 冬大会(旧荒川30K)にエントリーした

20130126_094123
(2013年の荒川30k冬大会のスタート前)

前々から2015年1月は勝田マラソンやら館山若潮マラソンなどへのエントリーを考えていたが、その気になれずに考えあぐねていた。
また、UTMF/STY2015の詳細がなかなか明らかにならず、2015年の方向性も全く不透明のまま時間だけが過ぎていた様だ。

そんな中で、2015年1月24(日)に開催される東京30k・冬大会(旧荒川30k)にエントリーした。
2013年に一度参加したことがある(東京マラソン2013の前の30km走トレーニングとして走った。)が、実はこれがまた非常に面白かったのだ。
ペースランナーと共に30kmを走るのだが、普段走る時は1人で黙々と走っている私にとってはペースランナーの後ろについて走るのが非常に走り易く、また、楽しく思えた。

2013年の時はトレーニング不足により控えめにキロ6分のペースランナーの後についた。
20kmくらいまでは楽につけていたので、それ以降はペースアップして前を走る集団を追っていくのが非常に楽しかった。
端から見れば、ただ単に河川敷を集団で30km走るだけなのであるが、何故か私にとってはそれが楽しかった様だ。

今回はキロ5分30秒かキロ5分のペースランナーの後につきたい。
これで最近は全く走っていない生活に一つの目標ができた。1月までにできればキロ5分のペースランナーにつけるくらいになる様に、これからトレーニングを再開したい。
これがまずこれからの冬の走るモチベーションを高めるきっかけになるであろうと思う。

東京30k、面白いイベントを作り上げてくれてありがとう。