人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

UTMF/STY2015の開催は果たしていつなのだろうか

20141105_133020
田貫湖から見上げた長者ヶ岳。UTMF/STY2015でも夜間走行の最難関のルート地点となるのだろうか。)

UTMF公式サイトによる10/2時点のアナウンスでは2015年ウルトラトレイル・マウントフジ第4回大会開催についての詳細発表は11月頃とされていた。
しかし、11月になった今も何の発表もない様だ。

11月頃という表現なので、11月中ともとれるし、12月に入ってからでも11月頃とは言えるかもしれない。でも、11月中には何かしらのアナウンスがあるのではないだろうか。

先日TwitterでUTMF/STY2015の開催時期が秋になりそうだというツイートを幾つか見かけた。中には9月と明示するものもあった。私個人的には5月か6月に変更かと内心思っていたが、9月開催というのもあり得るかもしれないと思い直した。

確かに9月は8月のUTMBと10月のハセツネCUPに挟まれた月で、UTMBの国外の有力選手が9月に参戦する可能性は減少し、また、9月と10月ハセツネの連戦を嫌う国内有力アスリートも出てくるという様々な影響があるかもしれない。

ここでおそらく、例年通りの4月開催はもうないものと予想する。もし、4月開催ならば年内にエントリー/抽選・参加料徴収を終えたとしても、開催まで3ヶ月しかない。今冬の富士山麓の積雪の状況などの不透明なリスクを抱えたまま4月開催に突き進むにしては開催サイドはのんびりしているという印象がある。なので4月開催の可能性は少ないと思う。

では、5月6月に変更になるにしても、様々な調整が11月までずれ込んでいる現状から予想しても準備期間が既に短くなってしまっているのではないだろうか。
第1回大会に回帰する5月開催の一月程度のずれ込みならば、これ程引っ張る必要もないかと思う。
また、6月の富士山の山開き間際の関連機関の忙しい時期の開催は避けられるかもしれないとも予想できる。

7月8月の富士山の登山シーズン中の開催はまずあり得ない。

そこで、9月の可能性もあながちありえなくも無いと思われる。
ハセツネの例年10月開催が変わらない限り、UTMF/STY2015の9月開催がここで何やら現実味が出てきたような気がしてきた。
ちょうど富士山が事実上閉山するであろう9月中旬以降の開催であれば、富士山麓で関係する諸機関も大会に十分対応できるのではないだろうか。

そもそも、もし4月~6月開催であれば、大会開催サイドからもれ出てくる情報も今現在で少な過ぎるとも思えなくない。秋開催が前提で物事が進んでいるのであれば、今の動きの遅さは理解できる。
おそらく、「11月頃の発表」では開催時期が秋になることだけが明らかにされ、その他のコースや日程については継続協議中となるのではないかと個人的には予想してしまう。

少なくとも、2015年春に関してはUTMF/STYの開催は無いものとして考えていた方が賢明ではないだろうか。せめて、秋開催が明確にアナウンスされれば春の具体的なレースエントリーが可能となるので、一刻も早い開催時期の発表が望まれる。

まあ、勝手にあれこれ考えてきたが、これもUTMF/STYの楽しみ方なのだろうと思う。
やはり2015年の開催時期の発表を静かに待つしかない。