人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

ヨロンマラソン2日前

20150306_162953
(3/6の与論島

ヨロンマラソンと言うよりも、この3月という時期のフルマラソンの位置付けは何であろうか。
昨年の3月は板橋Cityマラソンを走り、4月のチャレンジ富士五湖100kmへと続いている。
今年は板橋Cityマラソンの代わりにヨロンマラソンになったといってもよいかもしれない。
そして、今年も4月にはチャレンジ富士五湖100kmというところは全く同じである。

実際のところ、ヨロンマラソンはチャレンジ富士五湖100kmのトレーニングの一環としての40km走という意味合いが強い。
昨年の板橋Cityマラソンの位置付けも同様だったが、結果としてはサブ4復帰となった。
しかし、今年のヨロンマラソンはタイムは期待できない難コースなのでサブ4はまず無理だろう。
まあ、何とか最後まで走りきることができればよしとしたい。
タイムは4時間10分くらいでは走れるのだろうか。

とは言え、せっかくヨロンマラソンを始めて走るのであるから始めから何かしらの目標を持って走りたいとは思う。

十分なトレーニングを行って臨むフルマラソンであるならば、この直前の1週間も慎重に調整を進めるのであろうが、今回のヨロンマラソンはかなり適当に近い。
本日の2日前も余り走る気もしなかったのであるが、調整として刺激走を2km程行った。
これがどれ程の効果があるかは全くの不明であるが、トレーニング不足の身体には良い刺激となったことだけは事実である。

与論島には過去十年来何度も訪れているが、今回初めてのヨロンマラソンである。
来年以降どうするかは未定であるが、今回何かをつかんで持ち帰りたいと思っている。