人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

ヨロンマラソン2015前日

1425742672222.jpg いよいよ明日はヨロンマラソン2015である。フルマラソンは約1年ぶりでもあるので、やや緊張感も出てきた様だ。 チャレンジ富士五湖100kmに向けたトレーニングの一環とは言え、せっかく与論島まで来ているので平凡などこででもできるトレーニングに終わりたくはない。 しかし、どう意気込んでみてもトレーニング不足によるそれなりの結果以上にはならないと思うので、どの辺りに現実的な落とし所を探るかであろう。 おそらく失速は25km当たりで必ずやってくる。ネガティブスプリットは意識しない。何れにしろ失速するので、前半はキロ5'30ペースを維持したい。しかし、ヨロンマラソンのタフなコースの影響でそのペースでいくのには無理があるかもしれない。 当日スタート後の状況次第でペースは上下するであろうが、あえて前半から極端に抑えることはしないつもりだ。 特に明日意識したいのは、失速が始まってからどれだけ粘れるかどうかだ。 余り頑張りすぎても故障につながるので、後半ペースを一気に落とさずに適度に粘れるかだ。 それだけを意識したい。