人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

ブログに何を書くべきか

ついついブログの読み手を意識し過ぎるとブログの更新が滞りがちになる。
質の良い内容にしようなどと考え過ぎると、もはやブログはたちどころに更新は止まってしまう。
ブログの人気ランキング等に参戦している時には、ブログを書いたら必ず誰かに見られるという意識が大きくなり、逆に変なプレッシャーが出てきたりした。
また、SNSへブログの更新通知を流していても、読み手を意識し過ぎてしまい自分らしくないと思う様なことを書いたりしてしまったりする。

今は、このブログを更新してもSNSと連携したりはしていないし、ブログの人気ランキング類にも参加していない。
また、facebooktwitter、jognote、停止したアメブロからはリンクをたどれることはたどれるが、特にアクセス数を増やそう等とは全く考えていない。
おそらく、検索エンジン経由でこのブログにたどり着くことが一番多いルートだろう。

このブログに一体何を書いていくべきか。

ランニング人生の軌跡ということであるが、トレーニングや出場したレースの記録、そしては季節の様に移り行く心の軌跡こそ書いていくべきことであろう。
別に読み手を意識することもない。
素直に心から発する思いをあれこれと書き綴っていくだけだ。

残された人生を完遂するために、日々自分と向き合う作業がこのブログということになろう。
私のランニング人生はこのブログと共に推移する。
人生の進行がランニングと関わらなくなるまで、このブログは続いていくのだろうか。
それは自分にも分からないが。