人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

理想の早朝ランニング

河口湖からの富士山

約半年の全く走らない生活にピリオドを打ち、この8月から再始動した訳であるが、今までできなかった早朝トレーニングが継続しているのだ。走る日には早朝5時には走り出すということができている。毎回の走る距離も時間も、ほとんどつなぎジョグ程度のものなので継続できているのかもしれない。また、再始動が早朝走りやすい夏であったことも起因しているのだと思える。

これからどんどん朝は冷え込んでくるので、暗く冷たい早朝に果たして夏の時と同じ様に走りに出られるかということもあるが、とにかくまだ無難に起きられる今のうちに習慣化できればと思ってはいる。ここのところの朝5時の気温が17~18℃くらいなので、これが10℃を切り込んでくると徐々に気合いが必要になってくる。0℃に近くなった時に果たしてどうなるのか。日の出も徐々に遅くなる一方なので、5時のスタートを遅らす日も訪れることであろう。今の状態から気温・明るさがどの様に推移して、それにどの様に自分が対応するかがある意味楽しみである。理想の日の出ランができる日もきっと来ることであろう。

早朝ランニングにおいて、走り出しは真っ暗でも中間地点くらいで太陽が昇りだすのが望ましい。戻って来る時も、まだ真っ暗い状態だったら余り嬉しくはない。太陽が地平線から姿を現すのを眺めながら走るのが理想である。であれば、やはり空気の澄んだ冬の早朝の方が早朝ランニングには合っているのかもしれない。但し、冷え込むことは必至である。9/11時点の5時スタートは既に暗くなっている。朝の気温もまだ問題ない。今後、徐々に走り初めを調整する必要も出てくるものと考えられる。全ての前提として早起きを継続しなければならない。

日付 日の出時刻(甲府 2016/9/11 5:25 2016/10/1 5:40 2016/11/1 6:08 2016/12/1 6:37 2017/1/1 6:55 2017/2/1 6/46 2017/3/1 6/16 2017/4/1 5:33