人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

UTMF/STY2016まで1週間

富士山

今年2016年のUTMF/STYが近付いてきた。昨年のSTY2015に参加したが、制限時間20時間でギリギリ何とか完走という結果だった。昨年は雨の影響で登山道がぬかるみ状態のところが多く、再三の関門時間の変更が行わ、また、コースも一部変更され実際の距離よりは短くなったのだった。昨年の私の完走も距離が短縮されていなかったらあり得なかったかも知れない。昨年のSTYについては、また振り返ってみたいと思う。昨年はSTY、ハセツネと連続で走り抜けた結果、病気で倒れてしまったので、結局はゆっくりと振り返ってみることはなかった。

今年のSTY2016はエントリーすらしていない。エントリー資格はあったものの、さすがに今年は明らかに無理であった。これから訪れるマラソンシーズンにしっかりと走り込んでスタミナをつけて、来年はSTYに再度エントリーしたいと思っている。来年2017年からウルトラトレイル復帰を目指していく。

しかし、この時期、UTMFが河口湖畔をスタート&ゴールで開催される時に、自分が全く関わっていないというのは非常に寂しいものである。今年は来週のレース時にも河口湖にもいないのだから、なお更である。普段の年であれば、レース(STY)に選手として参加しているか(第1回、第4回)、ボランティアとして関わっているか(第3回)、沿道で応援しているか(第2回)であった。自分が選手として参加していなくても、多くの選手達がこの富士山麓の周りを日夜、走ったり歩いたりしているかと思うだけで、その期間はワクワクするものである。

ここ数年の目標がUTMF出場、そして、完走ということであるので、まずはフルマラソンを走れる状態まで戻していくことである。そこからが本当の再始動であろう。