人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

第5回 飯能アルプス~奥武蔵丸山トレイルラン2017にエントリー済

2017年5月21日(日)開催の「第5回飯能アルプス~奥武蔵丸山トレイルラン」に先日エントリーしている。距離は37kmというミドルクラスのトレイルレースになる。そして、制限時間は10時間。累積標高差は1851mD+というコースである。

これで3月にフルマラソン(42.195km)を走り、5月にミドルクラスのトレイルレース(37km)を走るという流れとなる。トレーニング内容も3月のフルマラソンまではロードによる距離走を中心にして、それ以降、飯能アルプストレイルまでは坂道走やトレイルランを実施していくことを想定している。ただ、3月~4月にかけては山の雪解け状況次第となるのであろうが、できるだけ長時間山を走る機会を作っていく。

レース自体は、37kmを10時間ということで、まず完走は間違いないと思われるが、コースが小刻みなアップダウンを繰り返す手強いコースということである。おそらく、ハセツネの最初の30kmくらいのイメージであるが、実際のところはどの程度厳しいのかは当日のお楽しみにしたい。過去2回のハセツネでは最初の30kmの小刻みなアップダウンの繰り返しにより、2度とも胃をやられているのであるが、今回ももしかしたら胃は危ないかもしれない。トレイルランのトレーニングをしっかりと行い、胃へのダメージを最低限に抑えることができるであろうか。

そして、5月にこの飯能アルプストレイルを走り、7月には北丹沢12時間山岳耐久レースへのエントリーを考えている。更に9月には武尊山スカイビュートレイル(75kmの部)を検討中。そして、可能であれば、11月にFuntrails100kなんて、果たしてそこまでいけるか。

今年はトレイルレースの距離を少しずつ延ばしながら、ミドルクラスのトレイルレースからウルトラトレイルへつなげていきたいと思う。武尊山75kmに完走できれば、もしかしたら来年2018年のUTMFへのエントリー資格が得られるかもしれないという希望もある。UTMF2018のエントリー時期がいつになるか、ポイント対象レースの時期範囲がいつからいつまでなのかによってはエントリー資格が得られないことも考えられるが、期待はしたいと思っている。

来年、100マイル(160km)のウルトラトレイルが現実味を帯びてきたら、その次は200km超のジャーニーランだ。