人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

今年も坂道走開始

20150509_125647
(今年のUTMF/STYでは最後にこの林道を下り、河口湖畔へと進む。)

昨年のUTMFではコースの誘導員ボランティアをやってみて初めて、三つ峠へ向かう登山道ではなく白滝林道がUTMF/STYのコースになっていたことに気付いた。
それ以来、自宅からそう離れていないこの林道を坂道走のトレーニングコースとしている。

この林道を上まで上がると、だいたい5km程で500mの標高差を駆け上がることになる。
昨年も春から秋にかけて坂道走として何度かこの林道を走ったが、まずまずの良いトレーニングにはなる。
自分の体の状況もこの上りのコースで把握できる。トレーニング不足に陥るとこの上りが思うように上れなくなる。一方で、そこそこ走れているとこの上りのタイムも徐々に短くなる。定期的にこの坂道走を走ることで、自分のトレーニング状況をチェックできるかもしれない。
(昨年のUTMFでは最初の上りがここであったが、今年のUTMF/STYではここを最後に下ることになる。)

本日は今シーズン初めてのこの坂道走だったので、ゆっくり目に余裕度を保ちながら上った。苦しくなったら少しペースダウンして、勾配がゆるくなったら少しペースを速めてということを繰り返す。
先日よりSTY試走ということであれこれ山には行っていたので、その成果もあり昨年の一番良いタイムより1分ほど遅い50分程度の時間で林道の上まで上れた。

しかし、平均キロ10分ということなので、はっきり言ってまだまだ遅い。
今シーズンはこの坂道走をできるだけ繰り返すことで、上りの強化に努めたい。

あと今日は白滝林道上で引き返したが、トレイルランということで更に三つ峠まで上り、そこから展開するというルートも多用して、少なくとも1~2週間に1日は4~5時間以上の山トレーニングを継続したいところだ。

20150509_125541
今年のUTMF/STYでは最後の林道の下りで富士山を上から臨むことができるかもしれない。