人生は巡る季節の様に

ランニング人生の軌跡

2016年夏・再始動時のエントリー状況

昨年2015年の10月末のハセツネ後に倒れて以来、全く走らなくなった訳である。2015年のSTY/ハセツネの顛末は後日記すとして、とにかく2016年4月になるまで5ヶ月全く走らなかったのだから、この春先にはもう既に身体はかなり退化していたはずだ。

2016年の4月の桜が咲く時期になってから、ようやく徐々に走り始めたくなって来た。30分程度の軽いジョグを1日おきくらいに行ったが、2週間くらいで膝に違和感が出た。2015年の6月に「スリーピークス八ヶ岳トレイルレース」の三ツ頭からの下りで膝を痛め、この5ヶ月の完全休養で忘れかけていた右膝が痛み出した感があった。そこで、またロードを走るのはやめにして山歩きから始めることを思ったが、実際に山に行き始めたのは6月の富士山からだった。

そして、6月には4月の時点でエントリーしていた「西湖ロードレース」を走った。山歩きだけで全く走っていない状態での10kmレースであったが、キロ6分ペースで走るのがやっとであった、と言うよりも10kmという距離を走るのがかなりたいへんであった。心肺機能と共にスタミナもかなり退化している。

6月7月とこの8月は全て富士山麓の歩きか富士山への登山であると言ってよい。今年は既に富士山頂へは3回登った。そして、7月後半からはまたジョギングを週に2回くらいのペースで始めている。30~40分程度で5kmくらいのロードジョグであるが、膝の違和感はない。やはり、登山が多少は効果的だったであろうか。ここしばらく9月半ば位までは、富士山と軽いジョグが続くであろうか。

8月の軽いジョグは早朝トレーニングである。4時30分起床、早朝5時くらいのスタートだ。まあ、今は夏の早朝であるので気温が高く走るのには全く問題ない。新たなモチベーションも付け加わった。このことは別途記述するが、寒い秋・冬が近付いてきても、この早朝トレーニングを定着化したいものだ。

現時点で、レースエントリーは以下の二つ。

東京マラソン2017(2月26日) 富士山原始林トレイルラン2016(10月16日)

東京マラソンは10倍を越える抽選倍率になるだろうから走れる確率はかなり低い。あと2ヵ月後の富士山原始林トレイルランは初参加である。精進湖本栖湖青木ヶ原樹海を駆け抜ける20km弱のトレイルレースだ。久々の短いトレイルレースだ。特に富士山の精進口登山道の一部がルートになっているので楽しみだ。そして、2017年3月のヨロンマラソンにもエントリー予定である。東京マラソンに外れてもヨロンマラソンを走るので何れにしろ約半年後にはフルマラソンを走ることになる。つまりは、まずは約半年後のフルマラソンに向けてこの夏からトレーニングを徐々に始動させていく訳である。そして、2017年はミドルクラスのトレイルレース及び再度STYを目指す。ハセツネはちょっと少なくともこの数年は避けたい。